Attention-word

【侍クッキング】麻婆豆腐【まかない】

侍梅(さぶろう)
どもっ!侍梅(さぶろう)です!
侍クッキングと題して、まかない飯の紹介です。
アルくん
今日のまかないは「麻婆豆腐」だワンっ!





麻婆豆腐

麻婆豆腐は定番のものながら、意外と味付けが難しかったりします。

使う調味料の持つ塩分などを加味しないと、しょっぱすぎたりしやすいので注意ですね。

ふわふわ卵スープと一緒に

ウェイパー+薄口しょうゆ+みりん+ブラック&ホワイトペッパーの超簡単スープ

おろしにんにくとおろししょうがで風味付けて完成。

レシピ

材料(下準備)調味料
豚ひき肉(中荒)塩・こしょう・素
絹豆腐砂糖・ホワイトペッパー
ニラ豆板醤・甜麺醤・コチュジャン
長ネギの頭(緑のとこ)しょうゆ・ラー油
おろしにんにく・山椒パウダー
ウェイパー・ガラスープの素
①絹豆腐は1%程度の塩水で湯の中にいれておく

②長ネギ、ニラは良い感じの大きさにカットしておく。

 

①豚ひき肉に、塩、ホワイトペッパー、素、をして、ゴマ油で炒める。

②大量のネギを加えて炒め、醤3兄弟、おろしにんにくを入れて炒める。

③ニラを入れて軽く炒めて、水、酒、砂糖を加えて、ウェイパー、ガラスープの素を投入。

④醤油を少し足して、味を整えて、水とき片栗粉でとろみをつける。

⑤あがりに、山椒パウダー、ラー油を少し加え、完成。

補足説明

今回は、豚ひき肉の中荒びきにしたものを使用して、たべごたえのある麻婆豆腐にします。

ひき肉を炒めて出てきた油で、醤系をいためて香りを出します。

ここでの塩、ホワイトペッパーは普通に食べてすこし薄いな程度にしておきましょう。

ここで辛み調整をまずするために、豆板醤を1番最初に入れます。

入れる量よりも、炒める加減によって辛さがかなり変わってきます。

それと、豆板醤の塩分は思ったよりあるので、一応少し加味して塩っけを考えるといいでしょう。

辛み調整が終わったら、コチュジャンと甜麺醤を加えて、炒めていきます。

今回は、おろしにんにくを使いましたが、生にんにくをここの段階で一緒に炒めると香りが良いですね。

おおまかな目安としては、

甜麺醤5:豆板醤1:コチュジャン1

な感じです。

甜麺醤は結構甘さがあるので、砂糖を加えるのは後にした方が味の調整がしやすいです。

ニラはかなりたくさん使いましょう。

これは、おいしくなるポイントですよっ!

さっと炒めた後に酒を加えてから、少し飛ばしてから、水を加えていきます。

必要な量の水の2/3位に水の量はしておきます。

ここで、ウェイパー、ガラスープの素、砂糖、しょうゆ、で味を整えます。

水溶き片栗粉で、とろみをしっかりつけたら、もう少しです。

ここで、うすい塩水で茹でておいた豆腐をおたまですくっていきます。

さきほど、必要量より少ない水を入れたのはこのためです。

ザルで切ったりするのも、めんどくさいので、豆腐を水ごとすくいながら鍋に移します。

少しくらい崩れたってかまいませんw

大きいものを少しづつ崩していきます。豆腐なんて切ってられません。

こんな感じで形はちょっとバラバラですがOKです。

最後に、ラー油と山椒を加えて完成です。

まとめ

麻婆豆腐のポイントは、塩みと甘味のバランスですね。

ここだけしっかりしていれば、そうそうまずいものにはならないです。

入れる調味料が多いので、味がまとまらなくなりがちですが、ひとつひとつの調味料の塩み、甘さなど、確認してみてから

全体の味を決める、というのが大事ですね。

調味料が多いだけで、作業工程自体はとても簡単なので、ぜひ作ってみて下さい~!

 

それではっ!侍梅(さぶろう)でした!

最新情報をチェックしよう!