Attention-word

【Netflix】【Primevideo】フィフス・ウェイブ【評価】






評価

このエリアにレビュータイトルを記入します。
アルくん

評価: 1.0クロエ・グレース・モレッツにまんまとだまされた~!!
ブログ史上、最低点数でごめんなさいだけど、時間の無駄!!
期待は全部裏目に出る仕様。

映画「フィフス・ウェイブ」あらすじ(全開ネタバレ

異星人の宇宙船“アザース”が突然地球に現れ、波状攻撃を仕掛ける。第一波の電子パルスはあらゆる電子回路を破壊して文明を崩壊させ、第二波の地殻変動は地震と津波をおこし、第三波の疫病は人類の大半を死滅させる。

主人公のキャシーは母を疫病で失い、父親と弟のサムとともにキャンプに避難する。軍を率いたヴォーシュ大佐がやって来て、第四波は異星人に寄生された人間たちによる攻撃だと言い、子供たちを基地に連れ去りキャシーの父親ら大人たちを殺す。キャシーは基地に連れ去られたサムを追うが怪我をし、エヴァンと名乗る青年に助けられる。やがてエヴァンが異星人の下僕であったが今は人類の味方となったことが分かる。

基地でサムはキャシーと同じ高校に通っていたベンらと同じ班に配属され、第五波の攻撃に備えて訓練を受ける。ベンは異星人による寄生がヴォーシュ大佐らの嘘であり、自分たちが人類を絶滅させる手先にされていることに気づく。キャシーは基地に潜入してベンと再会し、ベンの班の仲間やエヴァンの助けでサムを取り戻す。

引用元:wikipedia | フィフス・ウェイブ

映画「フィフス・ウェイブ」予告編

引用元:Youtube | シネマトゥデイ

感想(ネタバレあり

引用元:Netflix | フィフス・ウェイブ

面白そうな予告とクロエ・グレース・モレッツにだまされましたw

「キック・アス(2010年)」

キャリー(2013年)

キック・アスのヒットガール役で子役から一躍スターになった女優さんです。

彼女が出演しているので、そこまで大外れはないだろうと思って観たんですが・・・。

まず、ストーリー部分なんですが超知的生命体が地球を侵略するために、5波からなる侵略段階を経てじりじりと人類を抹消するための計画を遂行していく訳なんですが。

 

まわりくどすぎない!?

 

そんなに人類をしのぐ知能を持つ生命体があれこれ苦肉の策で第5波までなる攻撃しかけるとか、頭悪すぎw

 

5thwaveというウェーブをちょっと説明すると

  • 第1波・・・電子パルスで電子回路を破壊、車や飛行機が動かなくなる
  • 第2波・・・地殻変動による地震、それに伴う地震で都市を水没。
  • 第3波・・・鳥インフルエンザ毒性を高め、感染させる。治療無理げー。
  • 第4波・・・アザーズが人間に寄生し、言語まであやつる。
  • 第5波・・・アザーズが子供を操り、人類を滅亡させる。

 

 

さぁ、紹介しましょう。

 

超知的生命体くんです!

 

引用元:Netflix | フィフス・ウェイブ

寄生虫やないか~~い!!

 

そんな厚みあったら、顔面もっとぼこって出るよね、ぼこって。

ああ、多分この映画シリアスそうに見えて、実はコメディなんだ、うん。

そういう見方をすると、面白いのかも知れない。

 

ストーリー的には壮大で地球規模の話なのに、かなりこじんまりした印象。

すごいどんでん返しを用意するも、こんなん誰でも分かるでしょレベルのお粗末なものだったし、ハイブリッドのイケメン奇声虫くんも何がしたいのかいまいち。

いきなりアザーズ代表みたいに、愛を語られてもしらけるだけだし。

ちびっこ子供部隊の戦闘シーンも完全にやっすいFPSそのものw

 

いや、冒頭の30分位はワクワクして観れたんですけど、その後からまぁむごいもんでした。

あまりにリアリティに欠けて、しらける展開が続き、心情描写がチープで侵略の脅威も感じられず、学園祭の素人映画コンクールでも観ている気分になりました。

ちょっと時間の無駄感が強かったので、他の作品に時間あてた方が良さげです。

まぁネタとしては、結構面白いとは思います!!

それでは、侍梅(さぶろう)でした!

 

紹介している作品は、2019年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各サービスサイトにてご確認ください。

無料視聴可能サービスAmazon Primevideo アマゾンプライムビデオは30日間無料視聴可能!

Netflix          ネットフリックスは30日間無料視聴可能!

 

関連記事

侍梅(さぶろう)どもっ!侍梅(さぶろう)です!アマゾンプライム30日間の無料トライアルしてみたいけどやり方が分からない。何が必要なの?と分からない事が多いと思います。手続き自体はとても簡単なので順を追って説明[…]

 


Twitterをチェックしよう!