Attention-word

【PrimeVideo】ザ・パシフィック【海外ドラマ】

侍梅(さぶろう)
どもっ!侍梅(さぶろう)です!
今回も戦争映画のおすすめ海外ドラマですよ。
バンドオブブラザーズの記事を見ていない方は
関連があるのでぜひ、一読をお願いします!

関連記事

 侍梅(さぶろう)どもっ!侍梅(さぶろう)です!今回は、数ある映画の中でも侍梅が一番好きな映画を紹介したいと思います!全10話完結の海外ドラマなので、さくっと見れますよ![o[…]





引用元:Youtube | hikari maeda

これもまた良い曲ですねー!

 

ブルーレイBOX

 

こちらもバンドオブブラザーズと同じメタリック仕様。

 

裏面。

 

開くとかなり横に長い。

ザ・パシフィック コンプリート・ボックス【Blu-ray】 [ ジェームズ・バッジ・デール ]

created by Rinker

 

感想

こちらのパシフィックバンドオブブラザーズ(以後BOB)同様
スピルバーグトム・ハンクス製作総指揮の作品です。
BOBはE中隊にスポットを当てていましたが、パシフィックは
3人の主人公の目線で全10話描かれています。
太平洋戦線での戦いの流れをおおかかに掴めると思います。
日本の祖先が、どこでどういう相手と戦ったのか?
は知っておいても良いと思いました。
ただ、少し日本人の描かれ方が残念な部分もあり、日本人としても
少し複雑な気持ちにはなります。
BOBより、戦争の狂気の部分が描かれていて
全体的に悪臭がただよってきそうな程リアルです。
クリントイーストウッドの硫黄島の手紙という映画や
永遠のゼロという映画が一応ありましたが、
パシフィックやBOBのような
クオリティの高い映画を日本側の視点で
日本の監督が撮れないものでしょうか。
うーん、どうにも日本は自虐史観が強すぎるので、
もっと英雄として扱うような映画があっても
いいのではないかなぁ。
祖国のために戦った人達への敬意ってアメリカだと
普通のことなんですが、こと日本だと
完全に右翼っぽいで終わりですよね。
なんか、おかしい。
最終的な勝ち負けは決まれど、戦場にいた
兵士ひとりひとりは、勇ましく戦った訳であって
日本軍、アメリカ軍、両軍の兵士たちに
敬意を持ちたいものです。

2019年5月28日現在
Amazon Prime Video で配信中

 

記事を見て興味を持ってくれた方!

ぜひ見てみて下さい!

プライム会員の方は見ないと損ですよ~!

非会員の方も無料お試しがあるので、ぜひ!

30日間無料トライアルに申し込む

それではっ!侍梅(さぶろう)でした!

関連記事

侍梅(さぶろう)どもっ!侍梅(さぶろう)です!アマゾンプライム30日間の無料トライアルしてみたいけどやり方が分からない。何が必要なの?と分からない事が多いと思います。手続き自体はとても簡単なので順を追って説明[…]

 

紹介している作品は、2019年5月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、
詳細はAmazon Prime Videoのページにてご確認ください。


最新情報をチェックしよう!