Attention-word

【PrimeVideo】バンドオブブラザーズ【海外ドラマ】

 

侍梅(さぶろう)
どもっ!侍梅(さぶろう)です!
今回は、数ある映画の中でも侍梅が一番好きな映画を
紹介したいと思います!
全10話完結の海外ドラマなので、さくっと見れますよ!







バンド・オブ・ブラザース ブルーレイ コンプリート・ボックス(初回限定 生産) [Blu-ray]

created by Rinker

評価

バンドオブブラザーズ
アルくん

評価: 5.0戦争映画が好きな人で知らない人はいないよっ!
E中隊っていう第次世界大戦中に実際に活躍した兵士たちに
スポットを当てて、ドキュメンタリータッチに描いてるんだけど、
すんごいリアル!誰も死なないで~と思いながら見てるけど・・・。
見た事ない人は見た方がいいよっ!ほんとおすすめっ!

映画「バンドオブブラザーズ」あらすじ

第2次大戦中の落下傘部隊E中隊の実際に戦った隊員たちの手記をもとに

作られた海外ドラマで、訓練~戦地~終戦 まで描かれています。

各エピソードで、中心になる目線の人物が変わり色々な角度から

このE中隊の軌跡を追うことができます。

いち歩兵の最前線の兵士たちが感じた事、体験したこと、

怖いくらいリアルに描かれています。

Band of brothers  オープニングムービー

引用元:Youtube | bluelightwar

もう曲を聴くだけで、映画の中の思い出が次から次へあふれます。

ほんと名曲。

DVD・ブルーレイボックス

 

左から、ブルーレイ コンプリート・ボックス(初回限定生産) 、ブルーレイBOX(欧州ver)DVDコレクターズBOX(1・2)

DVDコレクターズボックスが出た当初、

すぐに売り切れになって買うのがすごく大変だった記憶があります。

転売が横行していて、ボックス1など5万以上で取引されていました・・・。

運よく店で取り寄せて手に入って揃えられたんですよね。

初期のDVDボックスは、やっぱり味があって今みてもいいですね。

そして、かなり時間差での発売になったブルーレイBOX。

メタリックカラーでめっちゃかっこいいです!

戦争映画好きで、内容好きになった人はめっちゃ欲しくなりますよ!

DVDBOXを開くとこういう感じ。

欧州verを開くとこういう感じ。

これはちょっとレアなんでしょうか。

日本版と明らかに違う点でしたね。ユージーンがでかでかと。

ブルーレイBOXの裏面。

DVDボックスの裏面。

 

もうどのシーンを切り取っても絵になるレベル。

バンド・オブ・ブラザース ブルーレイ コンプリート・ボックス(初回限定 生産) [Blu-ray]

created by Rinker

感想(ネタバレなし)

戦争映画では最高峰の出来と断言できる

 

スティーヴン・スピルバーグトム・ハンクスが製作総指揮で、

なんと1億2000万ドルを投じてたった9ヶ月で制作されました。

スピルバーグ段取り良すぎw

ここで戦争映画好きな人ならピンとくるんじゃないでしょうか?

そうです。

プライベートライアンがこの組み合わせですよね!

このプライベートライアントム・ハンクス

違う側面の映画を作りたいという事で、再び手を組んで

D-DAY以降の落下傘部隊のE中隊にスポットを当てて

ドイツ陥落までを描いた作品になります。

このE中隊は、戦争中に実際に存在し、また存命の方もいます。

映画の中で、存命の方のインタビューも冒頭と最後に入っていますが

最後になるまでそれが誰であるのかは明かされません。

このインタビューの発言の重さが他の戦争映画とは

一線を画すところで、リアルな声を聞くことが出来ます。

この映画を見る事で、第2次世界大戦の連合国側の動きが

おおまかに捉える事が出来るので、他の戦争映画など見るときにも

かなり役にたつし、理解も深まると思います。

武器や、軍服などもかなり史実に基づいてこだわっているようです。

連合国側のM1ガーランドの打ち切った後の「ピンッ!」って音など

はぁはぁしながら見てます。

この映画がきっかけで、ドイツの名銃・KAR98買っちゃいましたもんね・・・。

ああ、美しい・・・。


組織論としても優れた映画

引用元:Youtube | bluelightwar

この映画の主人公がホームランドのブロディ役のダミアン・ルイスで、

リチャード・ウィンターズ中尉を演じています。

関連記事

侍梅(さぶろう)どもっ!侍梅(さぶろう)です!なんて面白い海外ドラマなんでしょうか!これは紹介せずにいられませんよっ。超上質なA級サスペンスに脱帽です![outline][…]

このウィンターズ中尉を現実世界の部長として考えてみると

組織の中でのリーダーシップ論がかなり詰まった映画である事が分かります。

上司が優秀か無能かで戦争の場合は命がかかっている訳ですから

部下は本当にたまったものじゃありません。

会社では、命はかかっていませんが、ゆくゆくはそういう上司を

野放しにしておくと、時間をかけて会社は沈んでいくでしょう。

ウィンターズは等級が高いのにも関わらず、積極的に前線へ赴き

部下を鼓舞するシーンが多く見られます。

戦争では、極限に個を捨て組織の目的として生きる事が

求められ、そうしないと組織の一員として機能しない

という事をウィンターズはいち早く理解していました。

今の時代で、個を捨てる、なんてちょっと時代錯誤も

いいとこのように思われる人も多いと思いますが、

こういう個人主義の時代にこそ、こういう映画を見て

ほしいなぁ~と思います。

日本人が忘れて久しい美徳がこの映画にはあります。


原作

 

バンド・オブ・ブラザーズ 男たちの深い絆

ドラマの方にはないエピソードもたくさんあり

より理解を深めるには、とても良かった。

映画→原作 の順でも違和感なし。


2019年5月27日現在
Amazon Prime Video で配信中

  • プライベートライアン
  • ブラックホークダウン
  • パシフィック
関連記事

侍梅(さぶろう)どもっ!侍梅(さぶろう)です!今回も戦争映画のおすすめ海外ドラマですよ。バンドオブブラザーズの記事を見ていない方は関連があるのでぜひ、一読をお願いします![sitecard s[…]

このあたりが好きな人、記事を見て興味を持ってくれた方!

ぜひ見てみて下さい!

プライム会員の方は見ないと損ですよ~!

非会員の方も無料お試しがあるので、ぜひ!

30日間無料トライアルに申し込む

それではっ!侍梅(さぶろう)でした!

関連記事

侍梅(さぶろう)どもっ!侍梅(さぶろう)です!アマゾンプライム30日間の無料トライアルしてみたいけどやり方が分からない。何が必要なの?と分からない事が多いと思います。手続き自体はとても簡単なので順を追って説明[…]

 

紹介している作品は、2019年5月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、
詳細はAmazon Prime Videoのページにてご確認ください。

 


最新情報をチェックしよう!