Attention-word

【Netflix】鬼滅の刃 エピソード1(残酷)【ネタバレ感想】

侍梅(さぶろう)
どもっ!侍梅(さぶろう)です!
鬼滅の刃、ジャンプは未読ですが観てみようと思います。
全くの事前情報なしなので、純粋に楽しみます~。





テレビアニメ予告

引用元:youtube  |アニプレックス

エビソード1:残酷

あらすじ

ある日炭次郎が家に戻ると、家族は鬼に襲われ絶命していた。唯一、一命をとりとめた妹を救うべく雪山を下りる炭次郎だったが・・・。

引用元:Netflix | 鬼滅の刃

ネタバレ感想

引用元:Netflix | 鬼滅の刃

主人公の炭次郎(たんじろう)ちゃん。

生活は貧しいが、家族仲良く暮らす青年。

どうやら鼻がすごく効くという特技があるらしい。

炭を売って生活をするから炭次郎とはなかなかのネーミングセンスだ。

絵は万人受けしそうな見やすい絵で、すっと入ってきますね。

どうやら、日が暮れると鬼が出る世界のようです。

ある日、家族が鬼によって惨殺され事態は一変。

引用元:Netflix | 鬼滅の刃

禰󠄀豆子(ねづこ)だけが唯一助かるも、鬼の血が傷口に入り鬼になってしまう。

これは、ゾンビシステムを導入した模様。

和製ウォーキングデッド?

ねづこに襲われながら、心の中の声をつらつらと説明する感じにちょっと違和感を覚える・・・。

緊迫した状態で冷静すぎる分析。

パンプアップする鬼のねづこ。

この世界の鬼はハルク仕様のようです。

引用元:Netflix | 鬼滅の刃

鬼と化したねづこに襲われているところに富岡義勇と名乗る剣士が登場。

凄腕っぽい臭いがぷんぷんしますね。

進撃の巨人のリーヴァイ兵長あたりの立ち位置でしょうか。

ツンデレ臭がぷんぷんします。

炭次郎が妹を殺さないでくれと土下座して泣いて懇願するも、「弱者にはなんの権利も選択肢もないっ!笑止千万!」と一喝。

鬼のような言葉を吐くも、心の中では怒りをエネルギーに変えろと願う、絶望するな・・と。

うん、絶対ツンデレ。

富岡義勇との戦闘で、炭次郎の戦闘能力の高さが垣間見えましたが、とんでもない剣士になるという未来を予見させるには十分なものでしたね。

これは先が楽しみです。

鬼になった人間は普通は人を喰らうのに、ねづこに関してはそれが当てはまらない特別な存在なようです。

炭次郎を守ろうとするしぐささえ見せて、完全には鬼と化していないみたいですね。

鱗滝左近次という男に会え、そして日の元に妹を出すなと言い残して、義勇は去る。

一体何者なんだろう?

剣術の達人かな。

じーちゃんとの会話の中で、鬼神様が普段守ってくれてるという話が出てきたが、義勇が鬼神様!?

うん、多分そういう事だ。

ここでエピソード1がおしまい。

 

うん、これウォーキングデッド+進撃の巨人だよっ!

おもしろい要素しかないんだけど!

この先どうなるのか楽しみになってきましたね。

ただ、家族が殺されたのに、ちょっと坦々としすぎな感じもしましたけど、どーなんでしょ。

 

エピソード1の名言

富岡義勇(心の声)

泣くな。

絶望するな。

そんなのは今することじゃない。

おまえがうちのめされているのは分かっている。

家族を殺され、妹は鬼になり、辛いだろう、叫びだしたいだろう、分かるよ。

おれが後半日早く来ていれば、お前の家族は死んでなかったかもしれない。

しかし、時を巻いて戻す術はない。

怒れ。

許せないという強く純粋な怒りは、手足を動かすためのゆるぎない原動力になる。

脆弱な覚悟では、妹を守る事も治すことも、家族の仇を討つことも出来ない!

 

鬼のような言葉を吐いた後の、この心の声はぐっときましたねっ。

それではっ!侍梅(さぶろう)でした!

 

最新情報をチェックしよう!