気になるワードを検索してみよう

トイレをノックする理由が全く分からない

  • 2019年6月18日
  • 2020年5月21日
  • 雑記
  • 6件
うぃろう
どもっ!快便のうぃろうです!
普段からずっと疑問に思っていて全くもって意味が分からないというただの愚痴ですw
アルくん
人間は大変そうだねぇ。






 

トイレをノックする理由ってある?

 

 

落ち着いて用を足している時に、突然「コンコン!」って

あれ一体何がしたいのか、何を伝えたいのか意味がわからんのです。

全くもって不快だし、早く出ろ!とせかされているようで怒りさえ沸いてくるし、ドア越しにべったり張り付かれても出るもんも出なくなってしまいます。

そもそも、日本のトイレはまず間違いなく入室中は赤いマークでその旨が必ず分かるはずです。

それを見た上でノックしているんでしょうか?

そもそも、見もせずノックしているとしたら、

もはや正気の沙汰ではありません。

 

ノックする側の心境は?

 

では、赤いマークを確認した上で、ノックしている人の心境を察するに、

  1. 早く用を足したいから、早くすませてくれ!
  2. トイレのマナーとして、そう教わっている
  3. 待っていたがあまりに長いので安否確認

このあたりでしょうか。

①の考察

 

なんたる横暴!

自己中心的思想!

この①タイプに遭遇した場合、めんどくさいのがノックし返すまで何度もノックしてくる事!

誰だ?そんなルール作ったの

しらんがな!

しかも、この①タイプは絶対に張り付くので息を荒げてトイレの壁ごしでも分かる位の存在感をアピールしてきます。

もう、便意喪失・・

しかし、日頃からこのノックシステムには断固反対です。
自分の場合、この①タイプに遭遇した場合絶対にノックし返さないし、逆に時間をかけて出ません。
本当に腹が立つほどノックしてくる相手には消耗戦かと言う位
絶対に気配が消えるまで出ない。
そして相手が不安になるほどに気配を消して息をひそめます。
これは、もうトイレノッカーとの戦いだと自分では思っていて、こういう政治活動があったら絶対に参加する自信あります。
トイレをノックすると条例違反にしてほしいレベル。
そもそもノックしたところで、早く出来るようなもの?
もし、ノックする事で時間が変わるのであれば理解はまだ出来ます。
しかし、ノックしたところで時間は変わらないのであれば、大人しく待つのがマナーってもんじゃないでしょうか?

②の考察

 

これは親から子へと継承されているのだろうか?
学校教育の中でトイレはノックして確認しましょう~!
なんて教育は受けた覚えはないし、道徳あたりでもどうも聞いた覚えはない。
というと、やはりこのトイレノッカー達が子供へと伝授していると見ていいでしょう。
一番タチの悪い例が、公共の幼稚園などの保育士さんなどがトイレノッカーだった場合の影響力は計り知れない。
さも、当たり前として育っている分、教える時もことさら疑問には思いもしないでしょう。
ただ、恐らくだがこの②タイプの場合はノックがあまりにもしつこいという事は稀です。

③の考察

 

これは少し分からないでもないですが

他人ですよ?

日常生活の中で、赤の他人が便中に何かあったのかなんて心配します?

しないですよね。

これは、とってつけたような理由でおそらく隠れ①タイプなだけのような気がします。

 

トイレノックのワールドスタンダードはコレだ!

 

基本的に海外では、トイレをノックする

=早く出ろ!(せかす)

というのが国際的にみた平均的な見解です。

特にヨーロッパ圏では、トイレをノックする時は緊急事態(火災など)を伝える時にしかしない。

トイレが使用中か確かめる場合は、ドアノブを回すのがヨーロッパ圏では正解。

特に海外旅行の際は、喧嘩に発展するような事案なので十分注意しましょう。

そうです、そこのトイレノッカーのあなたですよ!

まとめ

 

 

トイレのドアをノックするというのは、

自分の意志を

一方的に伝えて

自分の要求を

早く相手に

従わせようとする

無礼極まりない

行為という認識です。

究極のマウント行為じゃないですか。

 

何もそこまで・・・

という方もいるでしょう。

 

しかし、便意を折るという行為は

断じて許せないのです。

 

なんならノックされた瞬間に奇声でも発したら、ヤベーやついる!と思われて、逆に寄り付かなくなるかもしれません。

もう我慢出来ない!限界!

というのなら、何もそこのトイレに固執せず日本なんてどこにでもトイレはあるので少し探せば入れるところはいくらでもあります。

 

すみません・・・。

あまりに興奮しすぎて、まとめがまとめでなくなってきました。

 

まとめ2

 

お願いだからトイレはノックしないで!

 

それでは!

うぃろう(@sablog1104)でしたっ!

Twitterをチェックしよう!
>動画配信サービス

動画配信サービス

最近では、さまざまな動画配信サービス(VOD)があって、どれにしようか迷いますよね。
年間200本以上は映画を観てしまう「映画大好き」なうぃろうが映画好きな視点で4つのサービスに絞り、それぞれのメリット・デメリットを比較して、あなたに合うぴったりの動画配信サービスをきっと見つけます!VOD歴6年の経験を活かして、予算・目的・環境・動画数など多くの視点から解説しています。
もう悩まない、失敗しないサービス選びで素敵な映画ライフを提案します。「生活にちょぴり贅沢を」

無料で一定期間サービスを使用できるので、自分に合いそうなサービスがあったら無料登録してみて下さい。