Attention-word

【侍クッキング】ヒラメの3枚おろし【仕込み】

侍梅(さぶろう)
ヒラメの3枚おろしの説明です。
5枚おろしでやる事が多いかと思いますが、3枚おろしはかなり時短になるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。





ヒラメの3枚おろし

動画ポイントまとめ

ヒラメとカレイの見分け方

腹を下に向けて置いた時に
  • 頭がを向く → ヒラメ
  • 頭がを向く → カレイ

で見分けます。

「()だり ()ラメ の 右 カレイ」

なんて覚えたりしますね。

ひ と ヒ が一緒なので、左はヒラメ!って覚えやすいです。

おろす時

1刀目は包丁をしっかりたてていれていきます。

2刀目から包丁をねかせておろしていきます。

なお、動画内ではそのまま2刀目を入れていっていますが、慣れないうちなどは、逆さ包丁を入れてからおろしてやると、やりやすいかと思います。

皮引きのコツ

とにかく大事なのは左手と右手の動きです。

  • 左手 → しっかり持ってひっぱる力が大事になるので、布巾などを使ってしっかり引っ張ります。
  • 右手 → しっかりまな板にくっつけて、包丁は動かそうとしないように注意してください。

包丁で押すというイメージだと、たいてい失敗します。

引っ張って引くというイメージでやってみてくださいね。

まとめ

動画内では、ゆっくり説明していますが3枚おろしで卸すヒラメの処理速度は1枚あたり2~3分でいけます。

慣れちゃうと何枚仕入がきても全く怖くないので、気楽ですよ~。

それでは、侍梅でした!

 

 

Twitterをチェックしよう!