Attention-word

【侍クッキング】せせりと豆苗の玉子炒め【まかない】

侍梅(さぶろう)
どもっ!侍梅(さぶろう)です!
日頃のまかない考えるのめんどくさいので、メモ変わりに
残しておこうかなとw
飲食業の方のまかないの参考にでもなれば良いかな~と。
とにかく時短・簡単・おいしいを目指して作ってます。
大型店舗のまかないとか時間かけてられないんですよね。
20人~25人とか。
ちなみに、細かい数値化されたレシピではなく、
超豪快なざっくりしたものです。
雰囲気で作れちゃう人向けですw
ただ、料理は数値化して小さじ何杯、大さじ何杯、
とかで覚えるより、おおざっぱな人の方が応用効いて
上達も早いですよ~。
とにかく20分以内を目指して勝負。
アルくん
今日のまかないは「せせりと豆苗の玉子炒め」だワン!

せせりと豆苗の玉子炒め

 

レシピ

材料味付けの材料
せせり(鶏の首)塩・こしょう(ホワイト)・味の素
豆苗海醤
きくらげ・卵ゴマ油
①せせりを酒で洗う(臭み消し)

②豆苗を半分にカット。

③乾燥きくらげを戻しておく。
★乾燥きくらげは水戻しより、熱湯で戻して、丘上げ(水に落とさず放置)した方が断然おいしいですよ~。

④卵(ウェイパーお湯で溶かしたもの+海醤+塩・こしょう+水溶き片栗+砂糖少々)

 

①フライパンに油を少量ひいて、せせりを炒めて別皿にあげる。(塩・こしょう・素)

②豆苗をゴマ油でさっと炒めて別皿にあげる。(塩・こしょう・素・海醤)

③きくらげをごま油で炒めて別皿にあげる。(塩・こしょう・素)

④フライパンにたっぷりの油をいれ、高温にしたあと玉子を一気に入れる。
出来上がった玉子は油をかなり吸っているので、ザルでしばらく油を切っておく。

⑤せせり、豆苗、きくらげ、玉子を大きい鍋でざっくり合わせて完成。

補足説明

今回も、やや中華飯店ですね。

レシピの方では見慣れない材料があったかもしれませんが、これです。

関連記事

侍梅(さぶろう)どもっ!侍梅(さぶろう)です!日頃のまかない考えるのめんどくさいので、メモ変わりに残しておこうかなとw飲食業の方のまかないの参考にでもなれば良いかな~と。とにかく時短・簡単・おいしいを目指して[…]

チャーハンの記事でも使っていた便利な調味料です。

むちゃくちゃ使い勝手が良くて、ガチでおすすめです!

味のイメージとしては、白いオイスターソースとでも言いましょうか。

帆立系統のうまみ凝縮ソースですね。

  • 海鮮あんかけ
  • 中華たまご
  • チャーハン
  • 塩やきそば

とまぁ、なんでもいける万能なやつです。

チャーハンに最後にちょろっと入れるだけで、本当に高い中華料理やさんのチャーハンの味に早変わりです。

もう今の時代って、どれだけ冷凍の食品でおいしいものを知っているか?手軽に使える調味料はなにか?が重要な気がします。

冷凍技術も格段に進歩しつづけ、調味料にしても、企業がものすごいお金をかけて、ひとつの調味料を本気で作りだすわけです。

もう素直に使ったらいいじゃない、ってことですw

やたら労力ばかりかけたがる人いますが、使えるものは使って時間短縮する派なので、

便利な調味料系は、おしまず紹介したいと思います~。

今回使った材料は、せせりも安いですし、豆苗も安いので、かなり大量に使っても原価かからないので

割とおすすめかもしれません。

後は、豆苗は少し時間がたっても食感がしっかり残るので、使いやすい食材ですね。

さらに、水やって放置しておけばまた生えてくるという2度のおいしさ。

自家製豆苗プラントで絶賛栽培中です。

集合体恐怖症の方が見たら、ぞっとしますね、この画像。

成長記録はコチラ↓

すごい生命力ですね!

 

それでは!侍梅(さぶろう)でした!

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!