Attention-word

会社員が副業に充てる時間を作る方法

侍梅(さぶろう)
どもっ!侍梅(さぶろう)ですっ!
副業をやろうと思い立っても、会社員にとって
時間がない、というのが最大の障害ですよね。
自分流の方法を紹介したいと思います。





副業に使う時間を作る方法

すき間の時間をかき集める

もう、ほんと細かい時間をかき集めるしかないです。

通勤時間も大事な情報収集をする時間になります。

スマホでもいいですし、本でもいいですが、とにかく

何もしない時間、考えない時間を無くす事が大事だと思います。

休憩時間も休憩しないことです。

体は休憩させて、頭まで休憩しないという意味です。

これは慣れるまで、少し疲れるかもしれません。

ただ、まとまった休憩が取れるのであれば、ここはかなり

重要な時間確保になるので、使わない手はないです。

睡眠時間の見直し

これは人それぞれ違いがあるでしょうけど、あまりに長い睡眠時間

の人は一度、見直した方が良いかもしれません。

自分の場合は、7~8時間でしたが、今は5時間程度におさえて

今はだいぶ慣れてきました。

というか、この位の睡眠時間に抑えないと副業に充てる時間が

確保できないので、目的の達成のために逆算すると、

どうしても5時間程度になってしまいました。

エネルギーの使い方

ちょっと語弊があるかもしれませんが、本業にあまりに

エネルギーを使わない事です。

エネルギーを100%使い切って本業で成果を得られないから

副業に目が向いたんではないでしょうか?

で、あるなら、慣れている毎日の仕事であるなら

徹底的にまずは、本業の仕事の最大効率化を目指すべきです。

逆説的なんですが、副業をがんばるために本業の効率化をすることで

本業であまりにエネルギー値を奪われないようにすることです。

本業中は、エコモードで動き、副業でその貯めたエネルギーを

爆発させる感じです。

そうでないと、副業に対するエネルギーを維持するのは無理です。

本業中に本業の事だけ考えない

これは思考の話で、もう毎日の仕事はただのルーティンワークなはずです。

考えなくても出来る仕事が多いのであれば、仕事をしながら思考は副業に向ける

という事です。

仕事中は、1日の中での副業の段取りを決められる大事な時間です。

よし、今日帰ったら、こういう記事を書いてみよう。

ここがよく分からないので、明日はすき間の時間で調べてみよう。

という感じで、予定をたてる時間に使えます。

そんなに詰めたことを考えるというより、おぼろげなタスクリストを

作るようなイメージですね。

自分を楽しませるための時間はただの時間の浪費

ここのクセが抜けない人は、時間を投資するという事が出来ないと思います。

本業が終わったら、一杯飲みたい。

本業が終わったら、テレビを見たい。

本業が終わったら、休みたい。

リフレッシュは大事だとは思いますが、これが日常化すると

時間は湯水のごとく減っていきます。

ゴールから逆算して時間を使う

ずいぶんストイックに感じたでしょうか?

ただ、これはここまでやってようやく専業の人の

スタートラインにも立っていない位だと思います。

1日24時間で、5時間睡眠だと19時間残ります。

そのうち、本業で拘束される時間が12時間だとすると

残り7時間がフリーな時間です。

すべて使う事は不可能なので、おおよそ5時間程度になるでしょうか。

これを1年続けると7時間×365日=2555時間 です。

大抵プロと呼ばれる領域まで近づくには、1万時間が必要とされています。

どうでしょうか。

これで、ようやく1年で1/4プロに近づきました。

この生活を続けて、4年でプロレベルに匹敵する計算です。

心が折れそうですか?

自分も折れそうですw

ただ、この位明確に時間を投資するイメージを持っていることが

大事だと思うんですよね。

多分、みなさん本業ではあまり意識していないと思うんですが、

本業に関する事は、少しづつステップアップしながら

多かれ少なかれ時間を投資しているはずなんですよね。

ただ、イメージせずに毎日やる事なので意識していなかったはずです。

副業で大変なのは、イメージをしっかり持っておかないと、

強制力が働かないので、途中で諦めやすい事だと思います。

まとめ

おそらく副業をはじめた人は、このままじゃいけないな~

と感じて、違うスキルを付けたいとか、スキルアップしたいとか

お金を稼ぎたいとか、色々あるとは思うんですが要するに

会社以外での自分の価値を高めたい

と思っているんではないでしょうか?

 

自分も多少の役職はもらいましたが、自分にとっても別に

なんとも思わない価値を感じないものだったからこそ、

副業に目が向いています。

 

ネット上でなくとも、本業以外の仕事で価値を高められる人は

リスク管理的に見ても、これからの時代にはマッチしていると思います。

人生の中で4年位いつもよりがんばる期間があったって

いいんじゃないかな?

と思えれば、半分は成功な気がします。

それでは、みなさんの副業がうまくいきますよう~に。

侍梅(さぶろう)でしたっ!

 

おれは失敗していない

成功している途中だ。

侍梅

 

 

最新情報をチェックしよう!