Attention-word

【Netflix】アイリッシュマン【評価】






 

評価

アイリッシュマン(2019年)
アルくん

評価: 5.02019年11月5日公開の映画が早くもNetflixに登場!
これを観ずして何を観る!?

映画「アイリッシュマン」あらすじ

裏社会のボスに長年仕えてきた殺し屋フランクが、秘密と暴力にまみれた自らの半生を振り返る。マーティン・スコセッシ監督が贈る、ギャング映画の新たな傑作。

引用元:Netflix | アイリッシュマン

映画「アイリッシュマン」予告編

引用元:Youtube | Netflix Japan 

引用元:Youtube | Netflix Japan

感想(ネタバレなし)

巨匠マーティン・スコセッシ監督 ×

ロバート・デ・ニーロ × アル・パチーノ!

しかもマフィア映画ですよ!

 

この2人の共演作は、なんと言っても

「ゴッドファーザーPARTⅡ(1972年)」

 

そして、個人的好きな映画ベスト3には絶対入る

ヒート(1995年)

23年ぶりの共演という事で、当時は映画館で何回も見て興奮したのを今でも覚えています。

 

その後二人の共演した映画で

「ボーダー(2010年)」

という映画がありましたが、こちらは個人的には微妙な作品でしたが・・・。

 

マーティン・スコセッシ監督の代表作は

  • 「タクシードライバー(1976年)」
  • 「グッドフェローズ(1990年)」
  • 「ケープフィアー(1991年)」
  • 「カジノ(1995年)」
  • 「ギャング・オブ・ニューヨーク(2002年)」
  • 「アビエイター(2004年)」
  • 「ディパーテッド(2006年)」

あたりでしょうか。近年はレオナルド・デカプリオとのタッグ作品が多いですね。

この監督の作品の特徴として、とにかく尺が長いですw

アイリッシュマンの上映時間は、3時間30分ですね。

個人的には、この豪華メンバー+ほぼ映りっぱなしのデ・ニーロが3時間半にも渡って観られるなんて、至福すぎてたまりません。

 

この「アイリッシュマン」という映画、完成まではかなりの紆余曲折を経たようでして、

ラッセル役のジョー・ペシに、スコセッシ監督デ・ニーロは出演交渉を数十回も断られていたようです。

引用元:Netflix | グッドフェローズ(画像左がジョー・ペシ)

俳優業を引退していた彼をひっぱり出しただけの理由が映画内でもはっきり分かりましたね、オーラが違いすぎます。

「グッドフェローズ(1990年)」では、かなりキチガイじみた役で、小さい体ながらやべーやつ演じてましたね。

隣りのロバート・デ・ニーロが若すぎますw

もうひとつの問題が、膨大な製作費がかかり出資元が企画から離脱・・・

頓挫しかけたのを多大の資金で救ったのが、Netflix(ネットフリックス)でした!

これは、本当にNetflixに感謝ですね、この映画存在しなかったかもしれません。

 

ありがとう!Netflix!

 

そもそも、何にそんなに製作費がかかったのかと言うと、キャストを見れば分かると思うんですが、

ロバート・デ・ニーロアル・パチーノだけでもギャラはやばいでしょうに、ジョー・ペシハーヴェイ・カイテルらのギャラまで足したら、そりゃ莫大な製作費がかかるのもしょうがないでしょうね。

引用元:Netflix | グッドフェローズ(ハーヴェイ・カイテル)

と思ったら、さらに特殊な技術を使っていて、その技術が製作費のうちのかなりのウェイトを占めていたようです。

ジョージ・ルーカス(スターウォーズの監督)が設立したインダストリアル・ライト&マジックが作ったとんでもない特殊効果でして、演者の若さをCG(ディエイジング技術)によって、コントロールできるというもの。

これは映画を観てもらうと分かるんですが、本当に演者たちの若い頃を観てるような感じで違和感がありません。

引用元:Netflix | アイリッシュマン

特に70代の演者が40代あたりを演じる時に恐ろしく効果を発揮する技術な感じがしました。

一人の俳優で、その人物の半生などを描くような映画には、ぴったりの技術ですね。

これだけの最先端の技術を使っている作品でありながら、レトロな雰囲気は壊れていないので、ご安心を。

 

さて、今までデ・ニーロとアル・パチーノの不仲説が飛び出すほど、がっつりの共演は強いて言えば、ボーダー位だったんですが、今回のアイリッシュマンでは、もうこれ以上なく画面に二人がしっかり映ってますw

引用元:Netflix | アイリッシュマン

ここまでがっつりの共演は、もうこの映画で恐らく最後でしょうね。

しっかり、見納めしておきましょう。

 

前置きだけで長くなってしまいましたが、この「アイリッシュマン」はアメリカの史実に基づいて作られています。

ジョン・F・ケネディ暗殺、ジェームズ・R・ホッファの失踪事件、マフィアの暗躍。

これら壮大なストーリーの中を生きた一人の男、フランク・シーランの告白を基にしてはいるんですが、真相究明には

どうもスコセッシ監督はスポットを当てていなかったですね。

 

人はなぜ誕生するのか?

 

ここを強烈に問いかけたような、ある種、哲学的な映画な感じはしましたね。

マフィア映画の形はとっているものの、生と死、家族、そして老い。

突き放すようにこれらを突き付けて問いかける、そういう映画だと感じました。

 

引用元:Netflix | アイリッシュマン

個人的に、ロバート・デ・ニーロは大好きな俳優さんなんですが、今回のアイリッシュマンではアル・パチーノが光輝いてように思いました。

やっぱりちょっとじじぃになってエネルギー値がみなさん落ちてましたが、一人だけこのエネルギッシュなじじぃはなんですか一体w

これオスカー取れるんじゃないですか?まじで。

ディエイジング技術(若返りCG)で顔は変えられても、動きそのものは現在の歳の動きそのものになってしまう訳ですが、アル・パチーノだけ、尋常じゃない若さで演じていましたw

ロバート・デ・ニーロよりも4つも年上とは驚きです。

↑この映画の中で1番好きなワンシーン 引用元:Netflix | アイリッシュマン

最後にネタばれになるので、あまり書けないんですが、この映画ではフランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)という男の人生を追っているんですが、胸が締め付けられるような虚無感がここまで生々しく描かれた映画はちょっと記憶にないですね。

映画らしい映画を観る事が出来て本当にネットフリックスに感謝ですね。

マフィア映画という枠にとらわれずぜひ見てもらいたい良作です!

ぜひ名優たちの恐らく最後になる共演をあなたの目で確かめてくださいっ!

 

それでは!侍梅(さぶろう)でしたっ!

紹介している作品は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各サービスサイトにてご確認ください。

無料視聴可能サービスNetflix          ネットフリックスは30日間無料視聴可能!

 


Twitterをチェックしよう!