Attention-word

【Netflix】ザ・サークル【評価】






評価

ザ・サークル(2017)
アルくん

評価: 2.0う、う~ん。
お世辞にも、楽しかった~!とは言えなかったかも。
題材はよくあるパターンだし、最後もなんか中途半端で・・・。

映画「ザ・サークル」あらすじ

メイ・ホランドは友人のアニー・アラートンの仲介でIT企業、ザ・サークルに就職した。ザ・サークルはSeeChangeというシステムを開発したことで世の注目を集めていた。それはあらゆる場所に設置された小型監視カメラを使って、人々の私生活を生中継するというものであった。シー・チェンジを介して私生活を公開することで、アカウンタビリティーが向上するというのがザ・サークル側の主張であった。

そんなある日、メイはタイ・ラフィートに連れられてカメラが設置されていない地下階層にやって来た。タイはザ・サークルの人気サービスの一つであるTrue Youを開発した人間だった。タイは「True Youは私が意図しなかったものに変わってしまった。SeeChangeは危険だ。」とメイに警告したが、メイにはその言葉の意味がよく分からなかった。

メイは友人のマーサーから鹿の角で作ったシャンデリアの写真を見せられた。そのデザインに感動したメイは、写真をSNS上に投稿した。その画像を見たメイのフォロワーは「マーサーなる男が可愛い鹿を殺した」と大騒ぎした。マーサーはメイの弁解も聞かずに、彼女を怒鳴り倒した。

私生活を全世界に公開したメイは一躍時の人となり、ザ・サークルの経営理念に心酔していった。しかし、それが原因で友人や家族との関係が悪化し始めた。ついに自分の私生活を24時間全て公開するに至ったメイだったが、透明性への異常なまでの情熱は友人を殺し、会社の重役たちをも追い詰めることになった。

引用元:ザ・サークル wiki

映画「ザ・サークル」予告編

引用元:Youtube | Taste of Movies

感想(ネタバレなし)

エマ・ワトソン×トム・ハンクス という事で、あまりはずれがなさそうだったんですが・・・。

うーん、正直ちょっとこれは期待はずれでした。

途中までは、新しい職場環境になり、これから何が起きるんだろうという期待感を持って

観ていましたが、ほぼ予想通りの鉄板ストーリーな上に、ストーリーを回収させる

上で登場人物たちの動機が薄すぎて、全く共感出来ない。

というより、気でもふれたのか?という迷走っぷり。

途中までは、丁寧に描いてきたものを、後半に投げ出した感がすごいです。

監督も、まともな長編作品ははじめてのようですし、ちょっと経験の部分が出てしまったのかもしれませんね。

映像面は、最近の映画っぽくスタイリッシュで良かったので、もったいない感じをうけました。

それでは!侍梅(さぶろう)でしたっ!

 

紹介している作品は、2019年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各サービスサイトにて確認ください。

無料視聴可能サービス

Netflix          ネットフリックスは30日間無料視聴可能!

 


最新情報をチェックしよう!