Attention-word

【Netflix】バードボックス【評価】

侍梅(さぶろう)
どもっ!侍梅(さぶろう)です!
ネットフリックスオリジナル配信
「バードボックス」を紹介します。






映画「バード・ボックス」あらすじ

未曾有の謎の異変に襲われ、世界の終焉と人類の滅亡が迫る近未来世界。異変が次々と起こる中、生き残るためにできることは、決して“それ”を見ないということだけだった。

思いがけず子供を身ごもったマロリーは、幼い命を守るため、目隠しをして命懸けの逃避行に出る。

引用元:バードボックスwiki

映画「バード・ボックス」予告編

 

引用元:Youtube | Netflix Japan

 

感想(ネタバレなし)

サンドラ・ブロック出演で、気になってて

ようやく見る事が出来ました~。

引用元:ネットフリックス|バード・ボックス

映画「スピード」「ゼロ・グラビティ」などで有名ですよね。

すごい綺麗な女優さんなんですけど、バードボックスでは

徹底して子供を守るママさんになってましたね、さすが女優。

前情報なしで見て、少し見慣れた顔のおじさんがいてにんまり。

引用元:ネットフリックス|バード・ボックス

ジョン・マルコビッチです。
大ベテランの大俳優がいるだけで、こうなにか映画の中の
空気感が変わってくるから不思議です。
見た感想としては、うーん・・・。
アレを見ると自分で死んでしまうという設定なんですが、
アレが最後まで分からず、またアレがどこに出没するのか
という設定がどうも曖昧な気がして、見るだけで死んでしまうのに
なぜ家の中には入れないのか?
密閉空間ならOKで、外だとダメというライン引きの根拠が
どうにも薄くて、緊張感に説得力がないというか。
要所に、キリスト教を暗示するようなシーンが出てきますが、
ちょっと馴染みがないので、理解にはいたらなかったかな。
キリスト教と終末思想の要素がふんだんに入っているようですね。
日本人にはちょっと受けは悪いんじゃないかな~?
と感じました。
期待してたので、ちょっと残念な感じでした。
気になる方は、まぁ見てもいいかな?という感じですっ。
それではっ!侍梅(さぶろう)でした!
紹介している作品は、2019年6月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、
詳細はネットフリックスのサイトにてご確認ください。

最新情報をチェックしよう!